Celebrating 75 Years!

In 1942, at the age of 24 years, Mr. Hans Oetiker founded a small workshop at Lake Zurich, Switzerland. He invented the world’s first ear clamp in 1951, with one idea always leading to the next. Today, Oetiker manufacturers over 1.8 billion reliable connections annually within 12 manufacturing facilities around the world.

スイスクオリティー:信頼性が高く、万能、そして精密

Oetikerの各種システムや製品は、最高の基準に適合するよう、すべて社内で開発・生産、全世界で販売されています。

お客様の高度な要求に対応し得る製品開発

当社はお客様のニーズを十分に理解し、カスタムソリューションの提供へ向け、全力を尽くします。

プロセスの安全性を保証する組立ては、信頼へのお約束

社内製造されたピンサー(組付け工具)は、安全で常に検証可能な取り付けプロセスを保証します。

国際競争力の高い専門知識

どのような接続技術ソリューションがお客様にとって最適なのかを当社の経験豊富なスペシャリストがサポート致します。
様々なお客様のご要望や構造部材に拘わらず、Oetikerは常に、最善の製品ソリューションを提供致します。

DPF(ディーゼルパーティキュレートフィルター)

排気システムとコンポーネントが排気量削減において重要な役割を担っています。ヘビーデューティ V-プロファイルクランプとストラップがより高いシール性と安全性を実現いたします。

エアバッグ救命装置の確実な動作を保証

エアバッグと起爆装置の接続には、Oetiker製クランプが使用され、常にエアバッグの安全な動作を保証します。

ターボチャージャー:ターボ技術による性能の向上

ターボチャージャーの冷却・潤滑パイプ接続には、革新的なクイックコネクタが使用されています。クイックコネクタなら、工具を必要とせず簡単で瞬時にパイプ接続ができます。

ドライブシャフト:円滑な動作を保証

シャフトのブーツに装着されたクランプが等速ジョイントを汚れや水から保護するとともに、グリスの漏れを防止します。

人工心臓:手術室における脈動の維持

心臓手術の成否は体外に接続された心臓ポンプに依存します。そこで弊社のクランプが重要な役割を果たします。